遺言書が果たしてくれる役割とは

遺言書はどんな役割を果たすのか

MENU

遺言書の役割

 

遺言書で意思を表明しておけば相続争いを事前に防止することができます。

 

相続を行う際は法定相続分を目安にしながら協議を行いますが、上手く分けることができなかったり、権利を主張しあったり、約束が守られなかったり、とトラブルに発展してしまうケースが少なくありません。

 

そこで遺言書によって、誰にどのくらいの財産を残し、また、どの財産を残したいのか、などの意思を明らかにしておくことで、故人の意思を明確にし円滑に相続手続きが可能となり、さらに相続トラブルを回避することが可能です。

 

さらに、遺言書での被相続人(故人)の意思は法的効力を持ち、遺言は法定相続分より優先されますので、相続人は原則として遺言の指定に従って相続を行います。

 

遺言と聞くと「財産がないから必要ない」「うちの家族は仲がいいから大丈夫」と書かない人が多いのが現状です。

 

しかし、遺言は財産を与えるためだけに残すものでは決してありません。

 

遺言は、普段口にできなかったことや大切な人へのメッセージを託すこともできます。

 

相続トラブルの最大の原因は、亡くなった人の生前の思いが相続人に伝わっていないこと、それを確認できない状況にあります。

 

残された人の為にもきちんと遺言を残すのはとても大事なことです。