遺言書の種類は2つある

自筆証書遺言と公正証書遺言の特徴

MENU

遺言書の種類

 

遺言書にもさまざまな種類がありますが、それぞれの遺言書にメリットとデメリットがありますのでご自身の状況に応じた遺言書を作成されるとよいでしょう。

 

数ある遺言書の種類と方式のなかでも自筆証書遺言と公正証書遺言の二つがよく用いられていますのでご説明したいと思います。

 

 

 

自筆証書遺言

 

遺言書を自筆し、自分で保管する方法で、費用が掛からず一人で作成できるため、最も手軽に行うことが可能です。

 

ただし、いくつかの法的要件を満たす必要があり、その要件を欠くと無効となってしまします。

 

また、書き方が曖昧だとトラブルという火に対し、油を注ぐ事にもなりかねません。

 

さらに紛失や偽造の恐れがありますので、その保管方法にはくれぐれも注意が必要です。

 

自筆証書遺言の書き方は、後ほど詳しく説明したいと思います。

 

 

 

公正証書遺言

 

公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言の方式です。

 

原本、正本、謄本があり、正本、謄本は遺言者が保管しますが、原本は公証役場にて保管されます

 

そのため、仮に正本や謄本が紛失してしまったり、偽造されてしまったとしても再発行することが可能ですのでそれらのおそれがほとんどありません。

 

また、内容や形式の不備によって遺言が無効になる心配もないため確実な遺言が可能です。

 

安全性と確実性は最もベストな方法といえますが、公証人や証人への報酬などが必要ですので自筆証書遺言よりも高価になってしまいます。

 

その作成方法ですが、遺言者が証人2人以上立会いのもとで公証人に遺言を口授(くじゅ)することで行います。

 

公証人は口授内容を証書に筆記し、それを遺言者と証人に読み聞かせ、その内容に間違いがないか確認し、遺言者と証人が署名・押印して完了です。

 

なお、公正証書遺言は家庭裁判所の検認の手続きが必要ありません。