婚外子がいる場合はトラブルを招きやすいです

遺言書がないとトラブルが起こりがちなケース ~婚外子がいた場合~

MENU

婚外子がいた場合

 

遺産の分割は、遺言がなかった場合、相続人全員で遺産分割協議をし、相続人全員が合意しないと、進めることができません。

 

遺言がなかった場合には、相続が開始した時点で、被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本、法定相続人全員の戸籍謄本などを集め、法定相続人に当たる人を確定しますので、この段階で被相続人が非嫡出子として認知届を出していたことで、婚外子が発見される場合があります。

 

このような場合には、婚外子である本人に連絡を取り、遺産相続の分割協議に参加させる必要があります。

 

本人が未成年だった場合には、その親が話し合いの席に参加することになります。

 

配偶者を無くした悲しみや、葬儀など現実の忙しさで、大変な状況にある時に、婚外子の存在が明らかになり、しかもその本人や婚外子の母親と顔を合わせなくてはならないという事態は、苦痛以外の何物でもないでしょう。

 

かといって、遺産分割協議を行わず、法定相続分に従って分割する方法をとる場合には、民法が改正されたので、実子と同じ割合で遺産を分割することになります。

 

婚外子側は、公平な権利を主張してくることと思いますが、配偶者や実子にとっては、一緒に暮らしてきた家族の歴史を考えおこし、婚外子と同じ割合で遺産が分割されることには、納得のいかない相続人も出てくること思われます。

 

その様な場合にも、被相続人が、相続人全員が納得できるような内容の遺言書を作成していれば、トラブルを避けることができます。

 

婚外子がいると決まったわけではありませんが、配偶者の死後、いかなるトラブルも起こすことが無いようにするためには、配偶者に遺言書を作成してもらうことが非常に大事です。

 

配偶者の亡くなった後に、家族全員が、安心して幸せに暮らしていく為には、無駄な争いごとをおこさないような準備が必要だからです。