家業を継ぐ場合はトラブルが起こりやすい

遺言書がないとトラブルが起こりがちなケース ~家業を継ぐ場合~

MENU

家業を継ぐ場合

 

遺産の分割は、土地や建物など、分割できないものに関しては、処分して現金に換え、分割する方法の他に、土地は長男、銀行の預貯金は長女、株券は次男というように、分割する方法、相続人のうちの誰かが、土地や建物を相続し、それに見合う金額を他の相続人に分割するという方法があります。

 

相続人のうち、誰か一人が家業を手伝っていたのではなく、複数の相続人が家業に関わっていた場合、誰か家業を継ぐかということが、まず問題になります。

 

長男だから…、自分は長男ではないが、誰よりも家業に貢献してきたから…、自分は家業に関わらなかったが、自分の配偶者は、家業に従事し、誰よりも被相続人から信頼されていたから…というように、どの相続人にも家業に対して思い入れがある場合には、解決は難しくなります。

 

自分がいなくなっても、家族全員力を合わせて、仲良く家業を継いでくれるに違いないと考え、遺言書を遺さないと、様々なトラブルが起きてしまいます。

 

また、誰が家業を継ぐかが決まった場合にも、家業を継ぐ人に資産が十分あり、受け継いだ土地家屋に見合うだけの金額を、他の兄弟姉妹に分け与えることができれば、問題はありませんが、その資金力がなかった場合、自分たちも家業を継げないのだし、この際すべて処分して、公平に分割しようというような意見が出るかもしれません。

 

残された配偶者は、そのような子供たちの争いに心を痛めるでしょうし、家業を誰も継がないとなると、残された配偶者の生活は不安定なものになってしまう恐れがあります。

 

被相続人がいなくなった後、家族全員が納得し、協力し合って家業を盛り立てていく為には、家業を継ぐのは誰なのか、そしてそれを周りの家族はどのようにフォローしてほしいのか、財産はどのように分割するのかなどを細かく記した遺言書が遺されていれば、残された配偶者が心を痛めることもなく、兄弟姉妹が争うこともなく、順調に家業が継がれ、遺産が分割されます。

 

他にも遺言書を書くのが望ましいケースを見てみる