遺産を分割する際の方法とは

遺言書がある場合と無い場合の遺産分割の方法

MENU

遺産分割の方法

 

遺言書が遺されていた場合には、スムーズに遺産分割が進みますが、残されていなかった場合には、民法に定めているルールに従って、遺産が分割されます。

 

民法で定められている遺産分割の方法では、遺産は、法定相続人に法定相続人の順位に従って分割されます。

 

法定相続人には、優先される順位が決められており、最も優先されるのは配偶者、次が第一順位の直系卑属である子供です。

 

子供には、実子の他、婚外子、養子、胎児も含まれますが、子供がなくなっている場合には孫、ひ孫と代襲相続されていきます。

 

被相続人に子供がいた場合には、配偶者と子供が、2分の1ずつ遺産を分割します。

 

被相続人の配偶者が亡くなっている場合には子供が、遺産を分割します。

 

被相続人に子供がいなかった場合には、第二順位の直系尊属である被相続人の父母、父母がなくなっていれば祖父母と配偶者が、配偶者3分の2、被相続人の父母が3分の1の割合で遺産を分割します。

 

被相続人の直系尊属には、永遠に代襲相続が繰り上げられていきます。

 

第二順位までの相続人がいなかった場合には、第三順位である被相続人の兄弟姉妹と配偶者が、配偶者4分の3、被相続人の兄弟姉妹4分の1の割合で遺産を分割しますが、被相続人の兄弟姉妹がなくなっている場合には、一代に限り、代襲相続されます。

 

この民法に定められたルールには、ここの家族内の事情は考慮されていません。

 

けれども、それぞれの家族には、それぞれの事情があり、民法で定められているルールに従って分割したのでは、収まりがつかない場合もあります。

 

その様な場合には、相続人全員で遺産分割協議をし、全員が合意するまで遺産の相続ができません。

 

遺産分割協議をする為には、膨大な手間がかかり、遺産を無事分割して相続するまでには、時間がかかります。

 

話し合いがまとまらず、税金の控除が受けられなくなったり、嘉禎裁判所での調停が必要になったりすることもあります。

 

残された家族が、スムーズに遺産相続するためには遺言書を遺すが最も有効な方法です。