子供がいない場合は夫婦一緒に遺言を書きましょう

夫婦相互の遺言書作成

MENU

夫婦で作成する遺言書について

 

子供のいないご夫婦の場合、どちらかが亡くなってしまうと、遺言書が作成されていなければ、遺産は、民法に従って、被相続人の父母や兄弟姉妹と、配偶者が分割します。

 

被相続人に父母がいた場合は父母、父母が亡くなっている場合には祖父母が、遺産の3分の1、配偶者が3分の2、被相続人の父母、祖父母が亡くなっていた場合には、被相続人の兄弟姉妹、被相続人の兄弟姉妹が亡くなっていた場合には、被相続人の兄弟姉妹の子供が4分の1、配偶者が4分の3の割合で遺産を分割します。

 

有り余る資産があれば、この分割方法でも問題はありませんが、土地と住居以外に、財産がなかった場合には、このような分割方法で遺産を分割した場合、残された配偶者が今後の生活をしていけなくなる恐れがあります。

 

被相続人の父母や兄弟姉妹に遺産を分割する為の現金を捻出する為、土地や住居を売却しなくてはならなくなってしまうこともあるからです。

 

被相続人の生前から、ほとんど付き合いが無く、遺産を遺すような間柄ではなかった場合でも、民法で定められた法定相続人には、法律的に遺産を相続する権利を持っていますので、遺産を分割するよう要求されれば、土地や住居を売却してでも、遺産を分割しなくてはならないのです。

 

もちろん、相続を放棄してもらうこともできますが、その場合には、相続人全員の合意が必要となり、被相続人の父母や祖父母などの直系尊属が亡くなっており、被相続人の兄弟姉妹が大人数だった場合には、全員の合意を取り付けるまでには、大変な労力が必要です。

 

もし、残された配偶者が高齢であった場合には、相続放棄の手続きを進めることができないかもしれませんし、残された配偶者が若く、幼い子供をかかえていたような場合、住む家が無くなってしまえば、今度の教育資金にも事欠くような生活になってしまうかもしれません。

 

夫婦でお互いに、自分が亡くなった後、残された相手がどのように生活していくかを話し合い、共通の内容の遺言書を夫婦それぞれが作成しておけば、残された配偶者の生活を守ることができるのです。